UBE 宇部兴产机械(上海)有限公司

製品紹介PRODUCT

ダイカストマシン

射出成形機

押出プレス

竪型ミル

AFC

トップ >  製品紹介 >  MDS-V

MDS-V(日本組立機)

大型射出成形機のリーディングカンパニーであるUBEは、ニイガタマシンテクノ社との共同開発により、1999年に当時、世界最大のMD850S-Ⅲを上市、2003年S-ⅣシリーズにバージョンUPし、されに2006年にMD3000HWS-Ⅳを上市。常に他社にさきがけ最先端技術を盛り込んだ新シリーズを投入してまいりました。そして大型全電動式射出成形機の基本性能“Value”を革新したS-Ⅴシリーズがここに誕生しました。

高剛性・ワイドプラテン型締構造

ボックス構造とFEM解析を最大限活用し、プラテン及びマシンペベースの剛性を大幅に向上させました。特にプラテンはたわみ量を従来機比60%も低減させることで、バリレス化を実現するとともに、さらに従来よりワイド化することで、より大きな金型を搭載することができ、クラスダウンも可能となります。

グリース低減新型ボールネジ

シール性を向上させた新型ボールネジを採用することにより、グリースの消費量を90%低減させ、かつ耐久性が向上しました。さらにグリース飛散が低減され、クリーンな状態を保てます。ドグル部および押出に採用しました。

卓越した省エネ性能

サーボモーターの減速時に発生する電力をS-Ⅳでは一部のみ回生していましたが、S-Ⅴではすべて電源へ回生することにより、付帯装置等で消費され、工場全体の電力を削減い貢献します。

充実の装備、コントローラー

S-Ⅳシリーズでの使い良さをそのままに、さらに機能向上をはかりました。操作性、視認性、耐久性を向上させたタッチパネルディスプレーを採用しました。

UF(日本組立機)

Useful & Flexible
電動成形機の基本仕様をそのままに、
グローバルスタンダードマシンとして進化した、
オールラウンダー射出成形機。

User Friendly
使い易さを徹底追求。簡単操作&簡単設定を実現した、ユーザーフレンドリー射出成形機。

高剛性・型締装置「TAF clamp®」

グリース消費量低減型ボールねじ

シール性を向上させた新型ボールねじを採用することにより、グリースの消費量を1/10に低減させ、かつ耐久性が向上しました。さらにグリース飛散が激減し、クリーンな状態を保てます。トグル部及び押出装置部に採用しました。

精密・安定射出装置「Flex Servo」

先進的な制御ロジック、 “Flex Servo”コントロールを採用し、射出速度と圧力を同時に制御し、射出中の急激な圧力変化に安定的に対応します。経験や勘による調整が不要な高応答・高精度射出制御を実現しました。

新開発コントローラ「e-HUMMA」

 

お問合せ電話番号